ファッショナブル

フリーダムネックレスの特徴とネーミング

“選択の自由、使い方の束縛からの解放”

今までのネックレス、ブレスレット、アンクレットはサイズという概念がありました。また、ネックレスは首、ブレスレットは手首、アンクレットは足首というカテゴリーで区別されていました。
バランスeフリーダムは、この考え方を覆し、“サイズフリー”、“どこの部位でも装着可能”にすることが出来るということから、選択の自由、使い方の束縛から解き放つといういみを込めて、フリーダムというネーミングにしました。

着用アレンジ方法1

~両サイドの磁石を吸着して留める方法~
フリーダムネックレス(約70㎝)をそのままの長さで利用する場合は、両サイドに付いている磁石をそのまま吸着させてください。
・洋服の上からする場合(アウター着用の場合)など
・Yシャツや着ている洋服から見えないようにする場合
(ネックレスを使用していることが見えないようにしたい場合)など

着用アレンジ方法2

~両サイドの磁石を吸着せずに中間の磁石を吸着して留める方法~
フリーダムネックレス(約70㎝)を短い長さで利用する場合は、ネックレスを着けたい長さにしていただき、中間の磁石を吸着させて留めるようにしてください。
・洋服の下からネックレスが見えるようにしたい場合など
・両サイドの磁石で留めると長すぎる場合など

着用アレンジ方法3

~両サイドの磁石を胸の前で留めて、ネクタイのように着用する方法~
フリーダムネックレス(約70㎝)をネクタイのように着用する場合は、写真のように両サイドの磁石を胸の前に持ってきて、中間の磁石を吸着するように留めてください。
・洋服の上からする場合(アウター着用の場合)など
・いつもとは雰囲気を変えて着けたい場合など

着用アレンジ方法4

~ブレスレット、アンクレットとして利用する場合~
フリーダムネックレス(約70㎝)をブレスレットやアンクレットとして着用する場合は、中間磁石を手首や足首に巻きつけながら留めるようにしてください。(手首、足首のサイズにより2重巻、3重巻、4重巻の場合があります)
・ネックレスとして利用することが出来ない場合や利用したくない場合など

ゴルフなどスポーツでブレスレットとして着用する場合の留め方

~中間の磁石が外れないように吸着する方法~
フリーダムネックレス(約70㎝)をスポーツでブレスレットとして着用する場合は、写真のように一度手首に中間磁石をすべて巻いていただいた後に、両サイドの磁石を中間磁石の間にからませながら両サイドについている磁石同士を吸着させてください。そのようにすることで、スポーツ時に外れることなどがなくなります。
・ゴルフ・テニス・ランニング・スキー・スノボ・など